【ジャカルタ】PT Angkasa Pura I (AP I)はIDR 35 trillionに増加した債務につれて、財政と運営をリストラすることにした。その増えた債務はCOVID-19パンデミックや近時、建設された空港が原因である。

「AP Iは実に厳しい状況にあります。IDR 35 trillionの債務やIDR 200 billionの月例損失率を持っております。それをリストラされない場合、その債務はパンデミック後、IDR 38 trillionに及ぶでしょう。」と国有企業副大臣、Kartika Wirjoatmodjo氏は先週、衆議院の第6委員会との会合で述べた。Wirjoatmodjo氏はAP Iが背負わなければならない金融費は新空港の現出の為、かなり多大であるとも語った。

そのリストラに関して、Angkasa Pura Iの取締役社長、Faik Fahmi氏が経営陣は資産リサイクルを行い、売掛金回収を強化し、税金返還を当てはめると語った。トラフィック系空港サービス、組織を簡素化し、投資プログラムを延期し、新所得源を生成するよう、子会社を奨励する事など運営上の効率戦略をも行う。

Fahmi氏によると、これらのリストラ収益の目標はIDR 3.8 trillionの追加資金やIDR 704 billionのコスト効率やIDR 3.5 trillionの資金を得るそうである。Fahmi氏がこれらの戦略イニシアチブはこの困難な時期に直面出来、2022年に興すことが出来、積極的な財務結果を記録出来ると楽観的である。 (NR/AM/ZH)