FAST - PT. Fast Food Indonesia Tbk

Rp 955

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】ファストフードチェーンを管理する会社、PT Fast Food Indonesia Tbk (FAST)は2022年に業績を支援する為、様々な戦略を設定しており、24.1%伸びる売上高を目指している。

PT Fast Food Indonesia Tbk (FAST)の取締役、Wachjudi Martono氏が2022年の状態は回復し、パンデミック前の状態に戻った場合、当社は2022年に実装される幾つかの戦略を準備していると語った。「数年前、パンデミックの影響や障害物がない場合、我々は2022年には我々の回復年になると確信します。」とMartono氏は本日(2021年12月9日)の公暴露で述べた。

Martono氏によると、FASTは今年末まで、5%〜7%伸びる売上高を目指し、その売上高はIDR 5.1 trillionに及ぶと予測されるそうである。「我々は2022年にIDR 6.33 trillion、24.1%伸びる目標を目指します。」とMartono氏は述べた。

当社はその目標を達成する為、幾つかの戦略を設定している。その主要な戦略は2022年に食事収容を増やし、事業デジタル化である。他の戦略はアプリやKFCウェブサイトからアグリゲータと直接販売と言う二つチャネルを通じて、オンライン販売を増やす事を含める。

当社は「Taco Bell」フランチャイズをも開始し、統合を最適化する為、Gojek、Grab、SiCepat、Shopeeなど食料配達サービスアグリゲータとの連携を強化し、システムと連携する。要するに、オムニチャネル販売を通じて、消費者にアクセスや居心地を提供出来る多くの代替を提供する。 (NR/AM/ZH)