ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.875

-75 (-1,28%)

【ジャカルタ】PT Astra International Tbk (ASII)は2021年11月中、52,229台、月極、25.2%伸びた国内市場の車売上を記録した。

その成長は33,555台、月極、53.9%伸びたトヨタ車売上が支援された。そして、UDトラック売上は160台、68%伸びた。プジョー売上は54台、42%伸びた。一方、ダイハツ車売上は15,045台、5.7%低下した。イスズ車売上は2,415台、13%低下した。

売却されたASIIの全車数の中に11,187台は低価格グリーンカー(LCGC)であった。2021年11月に低価格グリーンカー(LCGC)向けのASIIの市場占有率は80%であった一方で、ASIIの国内市場の市場占有率は60%であった。

「COVID-19はより制御されることが出来るにつれて、政府の贅沢品に対する税金緩和政策やアストラグループから自動車新製品を提供するGIIAS 2021の実装が支援され、国内の車売上は年末が近付いており、向上しております。」とASIIの会社通信所長、Boy Kelana Soebroto氏は本日(2021年12月14日)、idnfinancials.comに述べた。

Kelana氏が車売上は年末まで、向上し続けられるよう、期待すると付け加えた。「斯くて、それは今年、国家経済成長を支援出来ます。」とKelana氏は述べた。

全体的に、ASIIは2021年1月〜11月、437,803台の車を売却出来た。その数字は270,070台の2020年の車売上より、1.6倍高かった。 (NR/KR/ZH)