【ジャカルタ】金融庁(OJK)の監査役会長、Wimboh Santoso氏がCOVID-19パンデミックの為、ローンリストラ政策の実装は効果的に行われていると語った。その上、銀行は今回、より良きリスク管理でローン流通を高め始めている。

Santoso氏の声明は2021年10月まで、銀行は450万名の債務者を含み、IDR 714.01 trillionのローンをリストラしたと言うデータで証明される。一方、金融機関はIDR 216.22 trillionの価値を持っている519万の契約がある。

「その状態はCOVID-19パンデミックの為、リストラ政策の実装は生き残り、再び、興す為、事業者や銀行に契機を与える事に効果的です。」とSantoso氏は本日(2021年12月15日)、ジャカルタで述べた。

Santoso氏によると、現在、銀行はより活発で向上したリスク管理でローン流通を促進し始めているそうである。その戦略はリストラローンを含め、国家経済回復を加速すると考える。 (NR/AM/ZH)