【ジャカルタ】電子工業はメーキングインドネシア4.0ロードマップ通りにデジタルトランスフォーメーションを行う開発優先を得た製造セクターの一つである。その戦略努力は内外市場に競争力になれるよう、品質及び数量をより手際良く向上する目的がある。

「我々は電子工業を含め、国の全製造セクターは生産過程を行う事においてビッグデータやクラウドコンピューティングやIoTデバイスなど基準産業4.0技術の応用を更なる増やせるよう、期待します。」と工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita 氏は2021年12月20日(月)にボーゴルのPT. Selaras Donlim Indonesia (SDI)の掃除機の第600容器輸出の放出で述べた。

工業大臣はPT SDIに感謝を表明した。なぜなら、PT SDIは2021年2月に商業生産活動を開始したばかりであったが、今年末まで、米国に第600容器の掃除機製品を輸出出来る。

一方、特に、輸出面において、電子工業、特に、家庭用電化製品は現在、積極的な業績を見せている。2021年1月〜9月、家庭用電化製品の輸出額はUSD 1.8 billionを記録され、2020年同期に比べ、98%伸びた。 (NR/LM)