TRIS - PT. Trisula International Tbk

Rp 216

+26 (+12,04%)

【ジャカルタ】織物・衣装セクターに従事する統合アパレル産業提供業者株式会社、PT Trisula International Tbk (TRIS)は持続可能な事業慣行を実行する事に注力し続ける。その第一歩はPT Trisco Tailored Apparel Manufacturingと言う子会社の工場の蒸気機関用圧縮天然ガスと言う環境にやさしい燃料を使用する事である。圧縮天然ガスエンジンは普通の燃料に比べ、排出量を多く削減する目的がある。それは2022年に炭素税金時代を歓迎するTRISの準備の一部でもある。

TRISの取締役社長、Santoso Widjojo氏は「我々は2022年に炭素税金企画に関して大変熱狂的です。TRISは3P(人々、惑星、利益)の様相に注意を払うことにより環境の持続可能性原則をコミットされております。従業員の有益や福祉を生成するだけではなく、持続可能な生産過程に注力することにより周辺環境にも注意を払います。TRISはこれから先の世代の為、地球を維持出来、守られるよう、期待されます。例として、環境にやさしいエネルギーを使用する事です。」と説明した。

当社は環境にやさしく無毒なエネルギーを使用する。それはボイラー(蒸気機関)を供給する為、石炭の代替としてより清潔で環境によりやさしい圧縮天然ガスの使用を当てはめられる。二酸化炭素排出を削減する為、蒸気流れを調整されることが出来るよう、工場のボイラーの蒸気流れを調整する為、蒸気トラップを設置した。その目的は効率で持続可能な生産を達成する為である。2022年に当社は持続可能な環境の排出を削減する事に関与し続けられるよう、期待される。

一方、電気使用量の効率にも注意を払う。より明るい照明の品質を犠牲にせず、工場のエネルギー使用量を節電する為、普通のランプ使用をよりエネルギー効率が良いLEDランプに入れ替える。又、エネルギー使用量不足を避ける為、全ての生産機械や設備を定期的に検査し続ける。 (NR/LM)