【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は6,662.03に本日(2022年1月5日)の初期取引セッションを終えた。それは終値の前日から、本日、0.50%、33.34ポイント低下した。

Kontanの報告によれば、9つセクターは低迷し、指数を減少させた。2.03%最大に減少したセクターは技術セクターに発生した。一方、エネルギーセクターは0.15%伸びた。

取引所の全取引量は152.4億株に、その取引額はIDR 18.28 trillionに及んだ。本日の初期取引セッションのLQ45トップ出遅れ株はPT Bukalapak Tbk (BUKA)、PT Telkom Indonesia Tbk (TLKM)、PT XL Axiata Tbk (EXCL)であった。 (NR/LM)