【ジャカルタ】インドネシア政府はエネルギー鉱物資源省を通じて、トン当たりUSD 159.79からトン当たりUSD 158.50、0.8%低下する2022年1月の石炭基準価格を発表した。

その減少は回復した中国の出炭が引き起こされる。「中国政府は国内需要を満たす為、出炭を高める努力をしました。その結果、国内の石炭供給を増やせました。」とエネルギー鉱物資源省の通信局長、Agung Pribadi氏は述べた。

2021年2月〜11月、石炭基準価格は増え続けた後、これはその二度目の連続低下である。その一度目の低下は2021年12月に記録された。

下がる2022年1月の石炭基準価格は増えた中国の出炭の要因だけではなく、世界的市場の需給が原因でもある。それに、その石炭基準価格を左右する天候や国内電気ニーズや石炭輸入者の政策などその他要因がある。

近時、インドネシア政府は2022年1月中、石炭輸出を停留することにした。その政策は国内の発電所が使用されるよう、石炭供給を維持出来ると主張される。 (NR/KR/ZH)