【ジャカルタ】インドネシア預金保険機構(LPS)は2021年11月現在、IDR 7.338 trillionの商業銀行の貯蓄勘定の全資金を記録し、1.2%伸びた。そして、銀行口座全数は2021年10月に比べ、2021年11月に3億8,500万口座、1.7%伸びた。

2022年1月7日(金)に引用されたインドネシア預金保険機構(LPS)の商業銀行の預金流通報告において、その預金は海外預金及びクレジットローン残高を除き、第三者資金及びその他銀行による資金を含める。詳細的に、第三者資金はIDR 7.312 trillionを、銀行による資金はIDR 76 trillionを記録された。従来銀行ユニットはIDR 6.871 trillionを、シャリーア銀行ユニットはIDR 517 trillionを記録された。口座種類面において、その資金はIDR 2.816 trillionの預金、IDR 2.112 trillionの当座勘定、IDR 2.360 trillionの貯蓄勘定、IDR 53 trillionのデポジットオンコール、IDR 2 trillionの預金証書を含んだ。

2021年11月に全銀行預金は2017年12月以降、過去5年間以内に成長を示した。銀行預金はIDR 6.737 trillionを記録された2020年12月に比べ、2021年11月に10.2%伸びた。その上、それは2019年12月にIDR 6.077 trillionを、2018年12月にIDR 5.704 trillionを、2017年12月にIDR 5.363 trillionを記録された。

殆ど国家私立銀行に預けられたその資金はIDR 3.175 trillionに及んだ。国有銀行にはIDR 3.048 trillionを、地域開発銀行にはIDR 711 trillionを、外国銀行にはIDR 220 trillionを、ハイブリッド銀行はIDR 199 trillionを記録された。 (NR/LK/ZH)