SAPX - PT. Satria Antaran Prima Tbk

Rp 1.085

+90 (+8,00%)

【ジャカルタ】物流会社、PT Satria Antaran Prima Tbk (SAPX)は展開計画に資金を提供する為、2022年にIDR 170 billionの設備投資を用意している。

PT Satria Antaran Prima Tbk (SAPX)の取締役社長、Budiyanto Darmastono氏が当社は倉庫を取得し、新支社を導入し、新車両を購入し、情報技術投資に資金を提供し、オフィス供給を仕入れる為、その設備投資を使途する予定であると語った。その上、その設備投資は特に、ジャワ、バリ、スマトラ、有望な他の所在地に、潜在的新支社を開通することによってインフラネットワークを強化する為、使途される。

Darmastono氏によると、当社は自分の所得を生成出来、利益センターになれるよう、支社の販売チームを増やす事など、幾つかの戦略をも準備しているそうである。「我々はインドネシア全土におけるSAP Expressのハブの成就努力を展開し続け、市場を含め、電子商取引とソーシャルコマースセグメントを探検していきます。」とDarmastono氏は述べた。

C2Cニッチを対応する為、3,000〜4,000の小売新売り場を追加する。現在、持っている売り場は8,500の売り場である。 (NR/AM/ZH)