【ジャカルタ】インドネシアの統合投資プラットフォーム、PluangはUSD 55 million又はIDR 787.3 billionの資金調達を得た。その資金調達はAccelは先導され、有名な他のベンチャーキャピタルが続いた。

その資金調達に関与した幾つかの投資家はBRI Ventures、Gold House、Go-Ventures、UOB Venture、Openspace Venturesを含める。idnfinancials.comのデータによると、その資金調達は2019年以降、Pluangが得られた全資金に加わり、現在、USD 113 millionに及んでいる。

Pluangの共同創設者、Claudia Kolonas氏がこの資金調達はインドネシアと東南アジアの市場向けに簡単に使用される投資商品の提供を手伝うと説明した。そして、それはさmざまな経済グループの利用者により多くの投資オプションを提供出来ると考える。

「この追加投資によって、当社のチームは勢いを促進出来、長期的に利用者の福祉を使用する為、より多くのツールや資源や肝要な教育を提供します。」とKolonas氏はidnfinancials.comが貰った公式声明に引用されたように、述べた。

情報上、Pluangは2019年以降、営んでおり、様々な投資資産代替を提供する。PT Bumi Santosa Cemerlangが経営され、開発されるそのプラットフォームはGojek、DANA、Tokopedia、Bukalapakを含め、幾つかの人気なアプリと統合されている。

現在、記録されたPluangの利用者数はインドネシアにおける400万人以上に及ぶ。一方、2020年1月〜2021年11月、その利用者の月例取引は22倍伸びると記録された。 (NR/KR/ZH)