WSKT - PT. Waskita Karya (Persero) Tbk

Rp 560

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】現在、行われている企業行動によって、PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WASKT)は2022年にIDR 25 trillion〜IDR 30 trillionの新規契約を得ると予測する。

PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WASKT)の上級副社長兼会社秘書役、Ratna Ningrum氏が当社はIDR 25 trillion〜IDR 30 trillion又は22%〜46%伸びる新規契約を記録出来ると楽観的である。それは現在、当社が行われている企業行動に基付く。それらは政府保証でHimbara銀行からシンジケートローンを得て、債券・スクークの発行、株主割当発行を含める。その上、100%の2021年の新規契約目標を成功に達成した事が2022年の目標実績に対する確信の元となる。

Ningrum氏が現在、Waskitaの注力は損失を大幅に削減し、2021年以降、行われている8ストリームのWaskitaの金融健全回復プログラムの実行であると先週、Kontan.co.idに語った。

その8ストリームのWaskitaの金融健全回復プログラムは親会社や子会社のリストラ手続き、政府保証、国内の設備投資・株主割当発行、有料道路の売却、有料道路の建設完成、事業変換、良好なコーポレートガバナンスの実行、リスク管理である。 (NR/AMNR/ZH)