【ジャカルタ】インドネシアの貿易収支黒字は2016年以降、過去5年間以内に最高の数字を記録した。中央統計局(BPS)の報告書によれば、それは2021年中、USD 35.34 billionを記録された。

「2020年、2029年、2016年に比べ、2021年の貿易収支は過去5年間以内に最高です。」と中央統計局(BPS)所長、Margo Yuwono氏は2022年1月17日(月)の記者会見で述べた。

Yuwono氏によると、その貿易収支黒字は2020年に比べ、2021年にUSD 231.54 billion、41.88%大幅に伸びた輸出額が支援されたそうである。そして、その総額の中に非石油ガスの輸出額は2021年にUSD 219.27 billionを貢献し、2020年に比べ、41.52%伸びた。しかし、非石油ガスの輸入額は2021年にUSD 196.2 billionを貢献し、2020年に比べ、38.59%伸びた。

Yuwono氏がその貿易収支黒字は経済回復を高められるよう、特に、好調な輸出傾向、今年も持続出来るよう、期待した。 (NR/AM/ZH)