BYAN - PT. Bayan Resources Tbk

Rp 46.000

0 (0%)

【ジャカルタ】2022年1月に石炭輸出を一時的に禁止するインドネシア政府の政策はPT Bayan Resources Tbk (BYAN)がUSD 260 million又はIDR 3.72 trillion(米ドル当たりIDR 14,326)の収入を損失させた。

PT Bayan Resources Tbk (BYAN)の取締役社長、Dato’ Low Tuck Kwong氏がその輸出制限政策によって、当社とその子会社は契約通りに石炭運搬需要を果たし損なったと語った。「我々はUSD 260 millionの収入を損失し、その失敗輸送を組み直す事に関して顧客と交渉しなければなりません。」とKwong氏は2022年1月17日(月)にインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示に述べた。

その子会社はPT Bara Tabang、PT Fajar Sakti Prima、PT Firman Ketaun Perkasa、PT Teguh Sinarabadi、PT Wahana Baratama Miningである。

エネルギー鉱物資源省はPT PLNからPLNとIPPの石炭火力発電所用石炭供給の危機に関する報告を貰った後、2021年12月31日にその輸出制限政策を発行した。 (NR/AM/ZH)