ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 1.890

+25 (+1,00%)

【ジャカルタ】国有採鉱会社、PT Aneka Tambang Tbk (ANTM)又はAntamは2020年に比べ、2021年に29.38トン、33%伸びた金販売量を記録した。

ANTMの取締役社長、Nicolas D Kanter氏がその成長は国内市場における当社の金販売の戦略の結果であったと語った。「金投資に対する国民の意識が増えるにつれて、Antamは国内市場に貴金属の顧客ベースを強化する事に注力します。」とKanter氏はidnfinancials.comが貰った公式リリースに述べた。

生産面において、Antamは2021年に1.69トンの金を生産した。その生産量は2020年に比べ、2021年に前年比、1%伸びた。一方、貴金属の販売量は2021年に28.28トンにも及び、前年比、44%伸びた。

Kanter氏がAntamはロンドン金塊市場協会(LBMA)から認定証を持っているインドネシアの唯一の金を製造し、精煉する会社であると語った。したがって、当社はオンラインとオフラインの両方の配布ネットワークに販売される保証生産及び貴金属の品質を提供し続ける。

idnfinancials.comのデータによると、本日の取引に午後2時6分WIBにAntamの株価は一株当たりIDR 1,785、70ポイント、3.77%低下した。その上、今年頭、それは一株当たりIDR 2,340から555ポイント、23.72%低下していた。 (NR/KR/ZH)