CMPP - PT. AirAsia Indonesia Tbk

Rp 388

-14 (-4,00%)

【ジャカルタ】PT AirAsia Indonesia Tbk (CMPP)の最高の所有権を持っている2名の投資家、PT Fersindo NusaperkasaとAirAsia Aviation Limitedはインドネシア証券取引所(IDX)が設定された必要条件を果たす為、CMPPにおける6%株を公共に売却した。

CMPPの取締役兼会社秘書役、Indah Permatasari Saugi氏が両社が売却されたその株数は夫れ夫れ、3%株、約3億2,063万株に及んだと語った。その全株は2022年1月17日(月)に折衝市場の取引を通じて、第三者に売却された。

「当社の7.5%の最小限の公共の所有権に関するI-A号V.1条件IDXの規制を果たす為です。」とSaugi氏は情報開示に述べた。

その売却後、CMPPにおけるAirAsia Aviationの所有権は46.25%に、CMPPにおけるFersindo Nusaperkasaの所有権は46.16%に低下した。一方、公共投資家の所有権はCMPPの7.59%株を記録される。

2022年1月17日に、CMPPの株価は一株当たりIDR 476を記録された。斯くて、AirAsia AviationとFersindo Nusaperkasaは夫れ夫れ、IDR 152.6 billionの新規資金を得ると推定される。 (NR/KR/ZH)