【ジャカルタ】保険市場プラットフォーム、Lifepal.co.idは2021年中、良い成長を記録出来た為、2022年に積極的な成長を目指している。

Lifepalの共同創設者、Benny Fajarai氏が国の大手保険技術として当社は昨年に比べ、2022年に全保険料に対する大きな割前を提供出来ると語った。

「2022年に関して、我々ははるかに積極的な成長を見積もっています。現在、インドネシアの保険侵入は未だ、比較的に低くても、我々は前年比、不変な上昇傾向を見ます。無論、それは2022年に持続出来るよう、期待されます。」とBenny氏は2022年1月19日(火)にジャカルタのメルキュールガトットサブロトホテルのドゥニアフィンテック賞の受賞夜で述べた。

Benny氏が2021年中、Lifepalの保険サービスの利用者の成長も増え続けていくと説明した。昨年、その利用者数は500,000人に及んだ。

Benny氏がLifepalは2021年に公共を仕える事において商品範囲を展開し(商品目録)、競争力のある価格を確保し(値段付け)、利用者の利便性(利便)と言う三つ主要な注力を通じて、この里程標を他姓したと述べ続けた。 (NR/LM)