WSKT - PT. Waskita Karya (Persero) Tbk

Rp 492

+2 (+0%)

【ジャカルタ】PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)とDanareksaは加速プログラムを打上げる為、連携する。それは財産目録販売策略(資産現金化)を通じて、国有企業が所有され、管理され、経営される財産目録を取得する為、投資に契機を提供する。

そのプログラムにおいて、WSKTはPT Waskita Karya Realtyやその子会社が所有される5財産目録をリストし、クラスターとスタンドアロンの両方を過半数に発行される。その財産目録はアパート、商業地帯、南タンゲラン、スラバヤ、バリにおける土地銀行である。

WSKTの上級副社長会社秘書役、Ratna Ningrum氏がこの資産現金化プログラムはPT Waskita Karya RealtyとWaskita Groupの財政状態に大きな影響を与えると説明した。そのプログラムから得られた収益は2022年に他の投資に資金を提供する為、使途される。

Ningrum氏がその商品の打上げは2022年2月の第1週、行われる。興味を持っている投資家は登録出来、2022年2月の第2週、投資家集会セッションに参加すると2022年1月19日(水)の公式リリースに語った。

その上、Ningrum氏が昨年、この加速プログラムは純利益をIDR 6 trillionの2020年上期に比べ、2021年上期にIDR 26 trillionに大幅に増加させた為、このプログラムに関して楽観的である。 (NR/AM/ZH)