【ジャカルタ】2022年第1四半期末に製造セクター及び情報通信セクターの企業融資ニーズは低下すると予測される。それは23.8%を記録された2022年2月に比べ、2022年3月に20.2%低下する純加重残高に反映される。

2022年1月20日(木)に引用されたBank Indonesia (BI)の銀行融資調査の需給によれば、下がる企業融資ニーズは特に、製造セクター及び情報通信セクターに、低い需要の結果である。しかし、運輸、倉庫、ヘルスケア、金融、飲食供給など他のセクターの融資ニーズは増える。高い融資需要は事業運営を支援し、満期となる延長不可能な債務を返済する為、使途される。

その調査答弁によれば、融資ニーズは自分の資金によって満たされており、出金緩和政策の利用が続く。そして、他の資金源は親会社及び国内の銀行ローンによるものである。 (NR/LK/ZH)