TINS - PT. Timah Tbk

Rp 1.705

+35 (+2,00%)

【ジャカルタ】国有錫採鉱会社、PT Timah Tbk (TINS)は2022年2月15日に満期となる債券の利子及びスクークの利益分配を支払う為、IDR 24.16 billionの資金を用意している。

TINSの会社秘書役、Abdullah Umar氏が直に満期となる二つシリーズの債券はTimahの2019年第1相第1発行登録債Aシリーズ・Bシリーズである。そして、直に満期となる一つシリーズのスクークイジャラはTimahの2019年第2相第1発行登録スクークイジャラであると語った。

Aシリーズ債券の全利子はIDR 6.53 billionに、Bシリーズ債券の全利子はIDR 10.78 billionに及ぶ。一方、スクークイジャラに対する支払われる利益分配はIDR 6.85 billionに及ぶ。

「その支払いの資金は発行者の銀行口座に預けられております。その支払いは2022年2月14日に午後2時WIBまでにPT Kustodian Sentral Efek Indonesia (KSEI)に振り込まれます。」とUmar氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示に述べた。

idnfinancials.comのデータによれば、TINSの株価は2022年1月20日の取引の終わりにIDR 1,440、5ポイント、6.27%伸びた。情報上、2021年1月〜9月、その収入はIDR 3.83 trillion、前年比、1.90%低下した。しかし、その純利益はIDR 341.93 billion、153.43%伸びた。 (NR/KR/ZH)