【ジャカルタ】インドネシアは2016年〜2021年、は374万ヘクタールの泥炭地を復した。それは2022年1月20日(木)にジャカルタの世界経済フォーラム(WEF)の会長、Klaus Schwabと仮想的対談の間にジョコ・ウィドド大統領が発表された。   

その対談において、大統領がマングローブ更生は過去2年間以内に5万ヘクタールの土地をカバーしたと語った。2024年に、泥炭地及びマングローブの更生は60万ヘクタールを目指される。この結果は熱帯林より炭素を四倍吸収出来、世界の最も広い更生される面積となる。「地面のマングローブを算出されるとき、それは10〜12倍高くなれます。」と大統領は述べた。

そして、大統領は2020年〜2024年の国家中期開発企画(RPJMN)に述べたように、グリーン経済を実現する為、幾つかの政府の手段や戦略を述べた。 (NR/LK/ZH)