【ジャカルタ】2022年1月19日〜20日、行われたBank Indonesiaの総裁役の会合はBI7日リバースレポレート(BI7DRR)を3.50%に、良きファシリティー金利を2.75%に、貸出ファシリティー金利を4.25%に維持することにした。

その決定はインフレや為替相場や金融システムの安定性を維持する必要があり、増える外部圧力の最中に経済成長を支援する努力通りである。

Bank Indonesiaの総裁、Perry Warjiyo氏は「世界的経済回復は増えるCovid-19のオミクロンバリアント事件や高いインフレ圧力や幾つかの中央銀行の通貨政策の正常化を促進する最中に継続すると予測されます。」と記者会見で述べた。

その回復は米国や中国に頼るだけではなく、ヨーロッパや日本やインドの経済回復にも伴い、より平均になれると予測される。進行中の改善は高く留まる購買担当者指数、消費者期待指数、小売売上指数を含め、2021年12月に幾つかの指標の業績が確認される。これらの進歩によって、Bank Indonesiaは世界的経済成長は2022年に4.4%に及び続けると予測する。 (NR/LM)