【ジャカルタ】PT Kereta Api Indonesia (Persero)又はKAIは2021年中、2,302万人のみに及んだ列車の乗客数を発表した。それは3,154万人を記録された2020年に比べ、27%低下した。

詳細的に乗客数の44.25%、1,019万人は長距離又は都市間列車の乗客であった。そして、その55.75%、1,283万人は区間列車の乗客であった。

KAIの広報副社長、Joni Martinus氏がその減少は列車に実行された易動度及び定員の制限政策が原因であったと語った。一方、2020年に、その政策は存在していなかった。

「KAIは2021年に列車輸送を利用した国民の信頼に感謝しております。」とMartinus氏はidnfinancials.comが貰った公式発表に述べた。

2021年にKAIグループが仕えられた乗客全数は1億4,985万人を記録された。その数字は1億8,573万人を記録された2020年に比べ、19%減少した。 (NR/KR/ZH)