BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 7.875

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)は2021年にIDR 975.9 trillionの第三者資金を記録し、COVID-19パンデミックが発生したとき、2020年に比べ、16.1%伸びた。当座勘定貯蓄勘定(CASA)はその全第三者資金の78.6%を最大に貢献した。

PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)の取締役社長、Jahja Setiaadmadja氏が当座勘定貯蓄勘定(CASA)は2021年にIDR 767 trillionを記録され、2020年に比べ、19.1%伸びたと語った。一方、預金は2021年にIDR 208.9 trillionを記録され、2020年に比べ、6.1%伸びた。「その増えた第三者資金はBCAの資産を14.2%増やせ、IDR 1,228.3 trillionに及びました。」とSetiaadmadja氏は2022年1月28日(金)に引用されたプレスリリースに述べた。

Setiaadmadja氏によると、2021年に増えた当座勘定貯蓄勘定(CASA)は銀行に対する顧客の信頼を見せ、BCAの気楽で確実な取引サービスが支援されたそうである。情報技術の革新によって、特に、モバイルバンキング、デジタル取引は大幅に増加した。その上、銀行口座全数は2021年に2,900万を記録され、2020年に比べ、16%伸びた。

一方、BCAは2021年にIDR 637 trillionのローンをも流通し、2020年に比べ、8.2%伸びた。その最大の貢献者はIDR 286.5 trillionを貢献した企業ローンセグメントであった。そして、IDR 195.8 trillionを貢献した商業・中小企業ローンセグメントが続いた。そして、補助従来住宅ローンセグメントはIDR 97.5 trillionを、自動車ローンセグメントはIDR 36 trillionを、クレジットカード未払いセグメントはIDR 11.8  trillionを貢献した。 (NR/KR/ZH)