【ジャカルタ】PT Perusahaan Listrik Negara (Persero)とPT PAL (Persero)はマルクのアンボンで60 MWの容量を持っているヌサンタラ移動式発電所(MPP)1を建てる。それはPLNの取締役社長、Darmawan Prasodjo氏が2022年1月28日にPALスラバヤから移動式発電所(MPP)を発送された時に、発表された。

Prasodjo氏がヌサンタラ移動式発電所のバージ発電所(BMPP)は東部インドネシアの電気ニーズに関する解決になると語った。「アンボンの電力ニーズは63.6 MWに及んでおります。斯くて、そのバージ発電所(BMPP)によって、アンボンの電気ニーズは十分であり、PLNが完全に運営されます。」とPrasodjo氏は述べた。

Prasodjo氏によると、その移動式発電所はIDR 997 billionの投資額を費やしたそうである。それは2022年3月に運営され始める予定である。そのプロジェクトを完成した後、PLNは150 MWの容量を持っているヌサンタラバージ発電所(BMPP)2、3を開発する計画である。その移動式発電所は国有企業の相乗効果の具体的な証拠である。

PALの取締役社長、Kaharuddin Djenod氏がヌサンタラバージ発電所(BMPP)1の開発はCOVID-19パンデミックの最中に行われたと語った。「国内の構成分子の利用はヌサンタラバージ発電所(BMPP)2、3により最適化されていきます。」とDjenod氏は述べた。 (NR/LK/ZH)