CENT - PT. Centratama Telekomunikasi Indonesia Tbk

Rp 150

+29 (+19,00%)

【ジャカルタ】情報通信塔の提供業者、PT Centratama Telekomunikasi Indonesia Tbk (CENT)はPT Epid Menara AssetCo (EMA)を取得する為、ルピア建てと米ドル建てのUSD 850 millionのシンジケートローンを交渉する。

PT Centratama Telekomunikasi Indonesia Tbk (CENT)の会社秘書役、Wiwik Setpriandewi氏がそのローンファシリティーは交渉中であると語った。「EMAの取得取引の期日前、そのローンファシリティー契約は2022年2月の第3、4週に締結されます。」とSetpriandewi氏は2022年2月9日(水)に引用された情報開示に述べた。

シニアローンファシリティーの債権者はCIMB Niaga Bank Berhad、DBS Bank Ltd、シンガポール支社のNING Bank NV、ジャカルタ支社のMUFG Bank Ltd、シンガポール支社のNatixis、Oversea-Chinese Bank Corporation Limited、PT Bank BTPN Tbk、PT Bank Central Asia Tbk、PT Bank CIMB Niaga Tbk、PT Bank CTBC Indonesia、PT Bank DBS Indonesia、PT Bank Mandiri (Persero) Tbk、PT Bank Negara Indonesia (Persero) Tbk、PT Bank Permata Tbk、PT Bank OCBC NISP Tbkである。

その取得において、CENTはEMAへのUSD 349.59 millionの債務をも返済する。その計画に関して、ローンを与える事に合意した債権者はシンガポール支社のDeutsche Bank AG、シンガポール支社のING Bank NV、シンガポール支社のNatixis、Standard Chartered Bank Indonesiaである。

以前、報じられたように、2022年2月25日に開催される臨時株主総会の承認を得た後、CENTはその子会社、PT Centratama Menara Indonesia (CMI)を通じて、IDR 5.04 trillionでEMAを取得する。  (NR/LK/ZH)