KIJA - PT. Kawasan Industri Jababeka Tbk

Rp 165

0 (0%)

【ジャカルタ】工業地帯に注力する不動産開発業者、PT Jababeka Tbk (KIJA)は2021会計年度にIDR 1.42 trillionのマーケティング販売を記録した。

マーケティング販売の実現はIDR 1.4 trillionを目指された2021年の目標より、1.3%伸びた。それは2020年に比べ、2021年に前年比、58%伸びた。

2021年のマーケティング販売は2021年にマーケティング販売の65%又はIDR 923 billionを貢献したチカラン工業地帯の売上高が支援された。売却されたチカランの全面積は26.5ヘクタールに及んだ。

そして、ケンダル工業地帯は2021年にマーケティング販売の35%又はIDR 497 billionを貢献した。2021年に、ケンダル工業地帯のマーケティング販売は前年よりほぼ倍増した。売却されたケンダルの全面積は31.7ヘクタールに及んだ。

最後に、タンジュンレスン工業地帯は2021年にマーケティング販売の5%又はIDR 65.6 billionのみを貢献した。タンジュンレスンのマーケティング販売の実現は前年比、17%伸びた。

KIJAの会社秘書役、Muljadi Suganda氏が今年、工業地帯の見通しは2021年より良くなると認めた。「当社はIDR 1.7 trillionの不動産のマーケティング販売を目指します。」とSuganda氏は公式リリースに述べた。 (NR/KR/ZH)