ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 2.020

+40 (+2,00%)

【ジャカルタ】PT Aneka Tambang Tbk (ANTM)は北マルク州のハルティムフェロニッケル製錬所の送電に関してPT Perusahaan Listrik Negara (PLN)との契約責任者(HoA)を締結した。

その契約において、PLNはANTMの製錬所の必要とされる75メガワットの電力を給電すると言質した。その電力は次の3年間以内に給電され始める。

「我々はAntamとPLN間の積極的な相乗効果によって、特に、ニッケル、鉱物下流プロセスの加速を直に行われることが出来ると考えます。」とANTMの取締役社長、Nicolas Kanter氏は公式リリースに述べた。

ハルティムフェロニッケル製錬所の電力を給電する連携は二つの段階に行われる。その初期段階は6ヶ月以内に、その第2段階は12ヶ月以内に行われる。

情報上、ハルティムフェロニッケル製錬所は13,500トンのフェロニッケルのニッケル(TNi)の加工容量を持っている。2021年12月31日現在、ハルティムフェロニッケル製錬所の建設進歩は98%に及んだ。斯くて、その建設を完結された後、その年容量は40,500 TNiに増加する。 (NR/KR/ZH)