CLEO - PT. Sariguna Primatirta Tbk

Rp 585

+20 (+3,42%)

JAKARTA-PT Sariguna Primatirta Tbk(CLEO)は、インドネシアで最初のボトル入り飲料水(AMDK)の生産者であり、精製水を差別化し、環境に優しいパッケージを使用したISO 22000:2005食品安全管理証明書を取得しました。クレオは2022年に、昨年の業績と比較して2桁の売上または約30%の売上を目指しています。この楽観主義は、当社の業績と切り離せないものです。同社は2021年第3四半期の純売上高が前年同期比11.55%増の8029.4億ルピアを記録した。

CLEOの副社長であるMelisaPatriciaは、次のように述べています。「この目標は、前向きに成長しているボトル入り飲料水業界の成長見通しを考慮すると、かなり現実的です。消費する飲食物への注目。ボトル入り飲料水の消費量も増加します。以前は、2021年の第3四半期に、親会社の所有者に帰属する年間利益を合計で1,366億IDRに記録しました。 44,88%の増加。一方、CLEOの最大の収益貢献は、非ボトル製品セグメントの販売によるものでした。」

この目標を達成するために、CLEOは最近、3つのAMDK(Packaged Drinking Water)処理プラントの建設、インドネシア全土の383のパートナーがサポートする88の新しい流通支店の開設などの大規模な拡張を実施しました。目的は、CLEO製品の市場シェアを拡大​​し、社会で依然として非常に必要とされているボトル入り飲料水の需要を満たすことです。 CLEOは創業以来、高品質で環境に配慮した製品の開発に取り組んできました。

メリサは続けて、「動きが非常に速いFMCG(日用消費財)に従事する企業として、CLEOは、特にCovid-19のパンデミック時に需要が増加する傾向があるガロン製品のボトル入り飲料水を満たすことに重点を置いています。」 (LM / PW)