【ジャカルタ】インドネシアで売買されるる暗号資産は通商省の商品先物取引監督庁(Bappebti)に登録されなければならない。それは通商省の商品先物取引監督庁(Bappebti)所長、Wisnu Wardhana氏が2022年2月14日(月)に引用されたプレスリリースに宣言された。

「その暗号資産は規制によって、公認された暗号資産の物的売り手を通じて、商品先物取引監督庁(Bappebti)に登録されます。その資産受容は幾つかの判断基準によって、階層分析法(AHP)を通じて、行われます。」とWardhana氏は述べた。

Wardhana氏によると、暗号資産を登録する義務は暗号資産の物的市場で売買される暗号資産リスト固定に関する商品先物取引監督庁(Bappebti)の規制No.7/2020通りだそうである。現在、商品先物取引監督庁(Bappebti)は229種類の暗号資産を記録している。その規制は暗号資産の投資に興味を持っている国民の法的安全を提供する目的がある。

通商省は先物市場の暗号資産の物的市場の売買ガイドラインに関する商品先物取引監督庁(Bappebti)の規制No.8/2021をも発行した。それは法的確実や暗号資産の利用者の保護や暗号資産の物的市場の事業活動の革新や成長や発達を容易にする目的がある。 (NR/LK/ZH)