ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.875

-150 (-2,55%)

【ジャカルタ】PT Astra International Tbk (ASII)は2022年1月中、国内市場に44,408台の自動車売上を記録した。それは2021年1月に比べ、前年比、65%伸びた。

ASIIの会社通信所長、Boy Kelana Soebroto氏が塊状に増した売上は2022年頭、向上した国民の購入力が支援されたと公式リリースに語った。「我々は2022年に自動車市場が国家経済成長に積極的に貢献出来るよう、この状態は更なる向上出来るよう、期待します。」とSoebroto氏は述べた。

22,886台の売上を記録したトヨタ+レクサス自動車は2022年1月に自動車売上の最大の貢献者である。そして、ダイハツ自動車売上は18,318台を、イスズ自動車売上は2,828台を、UDトラック自動車売上は225台を、プジョー自動車売上は50台を記録された。

一方、ASIIが売却された8,728台の自動車は低価格グリーンカー(LCGC)であった。低価格グリーンカー(LCGC)型の自動車売上は前年比、21.6%伸びた。

2022年1月に、ASIIはインドネシアの自動車市場のトップである。その市場占有率は53%を記録された。2021年1月に、それは51%に及んだ。一方、低価格グリーンカー(LCGC)の市場占有率は72%を記録された。

情報上、2021年に、ASIIの国内市場の自動車売上は489,209台を記録され、その114,034台又は23.3%は低価格グリーンカー(LCGC)であった。そして、その残りは非低価格グリーンカー(LCGC)であった。 (NR/KR/ZH)