【ジャカルタ】製造業セクターは国家輸出額の実績に最大の貢献を提供する事において一貫性を保つ、2022年1月に、加工産業の輸出額はUSD 15.71 billionを記録され、2021年1月に比べ、31.16%伸びた。

中央統計局(BPS)の報告によれば、製造業セクターは2022年1月に国家輸出総額の82%を貢献した。2022年1月に国家輸出総額はUSD 19.16 billionを記録され、2021年1月に比べ、前年比、25.31%伸びた。

一方、非石油ガスセクターは2022年1月に国家輸出総額の95.30%を貢献した。そして、主要な非石油ガス輸出の市場占有率は中国(19.25%)、米国(14.04%)、日本(8.29%)であった。

「2022年1月の輸出は着実な向上し、より良くなっていく業績を示します。我々は製造業セクターの輸出はCOVID-19パンデミックの最中でも、翌月、その次も増え続けていくと考えます。」と工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は2022年2月15日(火)にジャカルタで述べた。

輸出市場の展開に関して、特に、自動車商品の輸出市場占有率、インドネシア産業は約80カ国に浸透出来ており、2021年にその輸出業績はIDR 52.90 trillionの価値を持っている294,000台のCBU車両を、IDR 1.31 trillionの価値を持っている91,000セットのCKDを、IDR 29.13 trillionの価値を持っている8500万個の部品を記録された。 (NR/LM)