DMAS - PT. Puradelta Lestari Tbk

Rp 171

-1 (-0,58%)

【ジャカルタ】PT Puradelta Lestari Tbk (DMAS)は特に、データセンター建設、増えている工業土地の需要につれて、2022年にIDR 1.8 trillionのマーケティング販売目標を目指す事に関して楽観的である。

「今年頭、約70ヘクタールの工業土地の需要が未だ、あります。データセンターセクターだけではなく、その需要は自動車セクター、食料産業セクター、家庭用機器セクターによるものでもありました。」とPT Puradelta Lestari Tbk (DMAS)の取締役社長、Tony Suwanto氏は2022年2月17日(木)に引用されたプレスリリースに述べた。

Suwanto氏によると、今年はデータセクターの多くの事業家を齎らすそうである。それに、当社は販売される土地のデータセンター活動を支援する為、特別なインフラや利用を建てた。例として、当社はプレミアム最適な電力給電やデータ保護を確保する個人的光ファイバーを持っている経済特区を建てる。

「それはデータセンター顧客を引き付ける為、我々が管理される工業地帯の主要な利点となります。」とSuwanto氏は述べた。

DMASは西ジャワ州のチカランに位置し、3,200ヘクタールの開発面積を経営している。 (NR/LK/ZH)