【ジャカルタ】サリムグループが所有される発電所会社、PT Tamaris HidroはIDR 750 billionの元金及び年毎に8.10%の最高の金利を持っているTamaris Hidroの2022年第1発行登録債を発行した。

その債券は公募の目的の為、インドネシア中央証券保管(KSEI)の団体預金に登録された。その公募期間は2022年2月24日〜3月2日、行われる。そして、その債券の電子流通は2022年3月8日に、インドネシア証券取引所(IDX)に上場される日付は2022年3月9日に行われる。

その債券は三つシリーズで発行される。AシリーズはIDR 200 billionの元金、5.5%の年金利、3年間テナーで発行される。そして、BシリーズはIDR 250 billionの元金、7%の年金利、5年間テナーで発行される。最後に、CシリーズはIDR 300 billionの元金、8.1%の年金利、7年間テナーで発行される。

当社はその債券発行の引受会社としてPT BCA Sekuritas、PT Binaartha Sekuritas、PT Indo Premier Sekuritasと言う3社の証券会社を任じている。

idnfinancials.comのデータによると、サリムグループは2022年に再生可能エネルギーセクターを従事するTamaris Hidroを設立した。2019年頭、Tamaris HidroはPT Bank Central Asia Tbk (BBCA)、PT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)、PT Bank Negara Indonesia (BBNI)からIDR 3.96 trillionとUSD 140.6 billionのシンジケートローンファシリティーを得た。

そのシンジケートローンファシリティーは水力発電所及びミニ水力発電所プロジェクトに資金を提供する為、使途される。現在、Tamaris H