DRMA - PT. Dharma Polimetal Tbk

Rp 645

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Dharma Polimetal Tbk (DRMA)の取締役が当社は2022年に二桁伸びる収入及び純利益を達成出来ると楽観的である。

DRMAの取締役社長、Irianto Santoso氏が当社はその目標を達成する為、生産設備を建て、幾つかの新機械を購入したと語った。その結果、当社はIDR 247 billionの設備投資を実現した。

「我々は今年こそ、二桁伸びる売上高及び純利益を得られると楽観的です。」とSantoso氏は2022年2月24日(木)のプレスリリースに述べた。当社は2020年に比べ、2021年にIDR 3 trillion、50%伸びた売上高を記録したと言う事実がSantoso氏の楽観の根拠となった。

Santoso氏によると、今年、インドネシア自動車産業協会(Gaikindo)が目指される900,000台の四輪車の販売目標及びインドネシアオートバイ産業協会が目指される540万台のオートバイの販売目標に反映されたように、最近、国家自動車産業が回復傾向を見せた為、当社は機械を購入し、工場を建てたそうである。 (NR/AM/ZH)