SMCB - PT. Solusi Bangun Indonesia Tbk

Rp 1.475

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】増えた国内市場のセメント消費のお蔭で、PT Solusi Bangun Indonesia Tbk (SMCB)の販売量は2021年に1,340万トンを記録され、2020年に比べ、12.4%伸びた。

インドネシア証券取引所(IDX)における情報開示において、SMCBの財務報告書によれば、その収入はIDR 10.10 trillionを記録された2020年に比べ、2021年にIDR 11.21 trillion、11%伸びた。その上、国内市場の販売量は2021年に6億5,200万トン、前年比、4.3%も伸びた。一方、輸出市場の販売量は1,140万トン、23.2%伸びた。

増えた石炭価格はSMCBを含め、セメント産業にとって障害物の一つとしてと考慮された。その要因はエネルギーコストに影響を与え、生産費に約30%を貢献した。一方、当社は2021年にIDR 720.93 billion、10.74%伸びた純利益を記録した。斯くて、一株当たり純利益は一株当たりIDR 85の2020年に比べ、2021年に一株当たりIDR 88にも増加した。

SMCBの取締役社長、Lilik Unggul Raharjo氏が当社は現在、競争力を与えた持続可能な開発指向イニシアチブに注力していると語った。したがって、Raharjo氏が当社はより効率的な運営を築く為、デジタル化アプリを使用し始めている。石炭利用効率を強化し、炭素排出量を削減する為、代替原料や燃料をも利用し始めたと公式リリースに先週、説明した。 (NR/AM/ZH)