BUKA - PT. Bukalapak.com Tbk

Rp 262

+4 (+1,53%)

【ジャカルタ】PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)は新鮮な商品・食料品の配布ネットワークを拡大する為、AlloFreshと言う電子食料品プラットフォームを作る事においてTrans Retail IndonesiaとGrowtheum Capital Indonesiaとの最新連携を発表した。

BUKAの社長、Teddy Oetomo氏がAlloFreshにおけるBUKAの所有権はIDR 77.53 billion、35%株に及ぶと語った。一方、Trans RetailはIDR 121.83 billion、AlloFreshの55%株を、Growtheum Capital PartnersはIDR 22.15 billion、AlloFreshの10%株を所有している。

Trans RetailはAlloFreshの資本を支配しても、その連携はBukalapakのデジタル生態系に好影響を与えると考える。例として、Mitra Bukalapakの生態系は数百から数千のみの在庫管理単位(SKU)を持っている。そして、Trans Retailが提供される在庫管理単位(SKU)は数十万に及ぶことが出来る。

「これはMitraの店舗の食料品及び日用消費財の履行を追求し続ける為、Mitra Bukalapakにとって利点となれます。そして、それはインドネシアのミクロ中小企業を促進する為、当社のサービスや努力を向上し続けるよう、Bukalapakにとって突破口にもなれます。」とOetomo氏は記者会見で説明した。

Oetomo氏が現在、多くの電子食料品業者はゼロから事業を立ち上げたと認めた。しかし、Oetomo氏がそれは電子食料品インフラをリプリケートする為、多くの資金や長い時間を掛かるのみであると考える。

「迅速な市場ダイナミックを考慮し、我々はこの現状の状態の最中に成功に競争する為、各会社の強力点を利用する必要があると思っております。」とTrans Retailの取締役社長兼最高経営責任者、Bouzeneth Benouda氏は述べた。

初期段階において、AlloFreshはジャカルタで市場試運転を行う計画である。そして、インドネシアの全地域に拡大される。情報上、Trans Retailは現在、インドネシア全土で138軒のアウトレットを持っている。 (NR/KR/ZH)