WIKA - PT. Wijaya Karya (Persero) Tbk

Rp 975

-5 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)は2021年に増した収入を記録した。しかし、その純利益は下がった営業利益の為、低下した。PT Wijaya Karya (Persero) Tbk (WIKA)の取締役社長、Agung Budi Waskito氏は2022年3月15日(火)に引用された2021年財務報告書に業績を詳しく述べた。

Waskito氏がWIKAは2021年にIDR 17.80 trillionの収入を記録し、IDR 16.53 trillionの2020年に比べ、増加したと語った。同様に、その粗利益はIDR 1.52 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 1.69 trillionに増加した。しかし、その営業利益はIDR 3.20 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 1.27 trillionに低下したその他所得の為、IDR 1.46 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 1.12 trillionに減少した。斯くて、その純利益は2021年にIDR 214.42 billionを記録され、IDR 301.56 billionの2020年に比べ、大幅に低下した。

その主要な所得源はIDR 9.34 trillionを貢献したインフラ・建物セグメントによるものであった。それはIDR 8.49 trillionの2020年に比べ、増加した。そして、産業セグメントの貢献はIDR 5.06 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 4.60 trillionに低下した。エネルギー・工業工場セグメントの貢献はIDR 2.44 trillionの2020年に比べ、2021年にIDR 3.31 trillionに増加した。不動産セグメントの貢献はIDR 533.04 billionの2020年に比べ、2021年にIDR 457.89 billionに低下した。最後に、投資セグメントは2021年にIDR 6.59 billionのみを貢献した。 (NR/LK/ZH)