KLBF - PT. Kalbe Farma Tbk

Rp 2.060

-10 (-0,49%)

【ジャカルタ】COVID-19の状態がインドネシアでパンデミックから地方病に変わった為、PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)は2b/3の臨床試験に入ったCOVID GX-19ワクチンの開発を停留する。それはPT Kalbe Farma Tbk (KLBF)の取締役、Sie Djohan氏が2022年3月17日(木)に引用されたプレスリリースに述べられた。

「ワクチン開発の急迫は大したではありません。その上、インドネシアのワクチン補給は十分です。我々は腫瘍学など非COVID-19関連向けのDNAワクチン技術を開発する為、革新しております。」とDjohan氏は述べた。

Djohan氏によると、GX-19ワクチン事業の貢献は今年の収入目標に入らなかった為、そのワクチン開発の進歩停留は事業業績に影響を与えないそうである。その上、臨床試験の間に当社が使途されたコストは資材コストではなく、当社の財政状態を混乱させない。 (NR/LK/ZH)