【ジャカルタ】PT Maybank Indonesia Finance (BIIF)は2022年3月22日〜25日、IDR 800 billionの2020年第2相第3発行登録債を発行する。その債券は5.80%の年金利及び3年間テナーを持っている。

2022年3月22日(火)に引用された略趣意書において、その債券発行から得られた収益は特に、顧客予定者向けのローン流通、運転資本に資金を提供する為、全て使途される。2021年12月現在、BIIFの金融債権はIDR 6.01 trillionを記録され、IDR 5.81 trillion の2020年同期に比べ、増加した。

全収入は2021年にIDR 1.03 trillionを記録され、国民へのローン流通を混乱させたCOVID-19パンデミックの為、IDR 1.15 trillionの2020年に比べ、低下した。その収入の最大の貢献者はIDR 859 billionを貢献した消費者金融セグメントであった。そして、ファイナンスリースセグメントはIDR 98.13 billionを、イジャラリースセグメントはIDR 200 millionを、利子所得はIDR 3.65 billionを、その他収入源はIDR 70.12 billionを貢献した。

フィッチ・レーティングスはBIIFの発行計画に関してBIIFに「AA+(idn)」格付けを与えた。そして、任じられた幹事引受会社及び引受会社はPT DBS Vickers Sekuritas Indonesia、PT Indo Premier Sekuritas、PT Maybank Sekuritas Indonesiaである。最後に、PT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)は受託会社として働く。 (NR/LK/ZH)