AISA - PT. FKS Food Sejahtera Tbk

Rp 146

0 (0%)

【ジャカルタ】PT FKS Food Sejahtera Tbk (AISA)は保持者に支払われるIDR 37.18 billionの債券とスクークの残り元金と利子を記録した。それはPT FKS Food Sejahtera Tbk (AISA)の取締役社長、Lim Aung Seng氏が2022年3月24日(木)に引用された情報開示に述べられた。

Lim Aung Seng氏がその利子で資本化された後、その債券とスクークの残り元金はIDR 6.13 billionの第1債券、IDR 3.15 billionの第1スクーク、IDR 27.71 billionの第2スクークであったと語った。

Lim Aung Seng氏によると、当社はその債券とスクークの保持者である非国有金融機関に第1債券、第1スクーク、第2スクークの元金を分割払いしたそうである。2019年6月11日に中央ジャカルタ商業裁判所の和解判決に基付き、その以前の支払いは2020年12月22日に、2021年12月28日に行われた。

情報上、FKSグループがPT Tiga Pilar Sejahtera (TPS) Food Tbk (AISA)の過半数の株式を取得する前、この債券とスクークの支払い債務は既に発生した。TPS Foodは2013年に、2013年第1債券を、2013年第1スクークイジャラを、2016年に、2016年第2スクークイジャラを発行した。 (NR/LK/ZH)