WOMF - PT. Wahana Ottomitra Multiartha Tbk

Rp 266

+4 (+2,00%)

【ジャカルタ】PT Wahana Makmur Sejati (WMS)は2022年3月24日に開催された定時株主総会が承認された後、WOM Financeが所有される賃貸会社、PT Wahana Ottomitra Multiartha Tbk (WOMF)の支配株主の一人になる。それによって、WOM Financeの株主構成はオートバイ車両融資産業においてより強くなっていく。

WOM Financeの取締役社長、Djaja Suryanto Sutandar氏が2022年2月現在、当社の株数は3,481,481,480株を記録されたと語った。「金融庁(OJK)と株主が行われた適切なテスト結果は25.01%の所有権を持っている追加の支配株主に関して合意されました。」とSutandar氏は2022年3月29日(火)に引用された情報開示に述べた。

WOM Financeの株主構成はPT Bank Maybank Indonesia Tbk (BNII)(2,349,646,728株又はWOM Financeの全発行・払込資本の67.49%)、WMS(8億7,060万株又は25.01%)、公共投資家(261,234,759株又は7.50%)である。

以前、WOM Financeの支配株主変更の計画は2022年2月頭に金融庁(OJK)が承認された。

それだけではなく、その定時株主総会は準備金としてIDR 2.5 billionの2021年の純利益を、現金配当としてIDR 33.18 billionの2021年の純利益を、留保利益としてIDR 74.92 billionの2021年の純利益を割当てる事にも合意した。その現金配当流通は2022年4月27日に行われる予定である。 (NR/LK/ZH)