【ジャカルタ】PT Perusahaan Gas Negara Tbk (PGAS)又はPGNの子会社、PT Saka Energi Indonesia (SAKA)はニューヨーク時刻午後5時に2022年3月25日に公募期間を終了し、USD 220 millionののグローバル債買い戻しを完結した。

2022年3月29日(火)インドネシア証券取引所(IDX)における情報開示において、PGNの会社秘書役、Rachmat Hutama氏がその買い戻しはUSD 200 millionを設定された初目標を超えたと語った。なぜなら、SAKAに買い戻されて欲しい債権所有者の債券は募集額以上に申し込まれ、USD 377.57 millionに及んだ。

USD 220 millionの買い戻しによって、現在、SAKAが所有される債券全額はUSD 405 millionに及び、2024年5月に満期となる。2022年2月28日に、SAKAは2022年3月11日に終了された世界的債権所有者向けの公開買付けを行う計画をも発表した。その債券の元金はUSD 625 millionであり、その金利は4.45%であり、2024年に満期となる。

Hutama氏によると、その債券買い戻しはインドネシアとニューヨークで適用される法律を従っているそうである。その上、その企業行動に使途された内部資金は当社の流動性比率に影響を与えない。 (NR/AM/ZH)