PKPK - PT. Perdana Karya Perkasa Tbk

Rp 254

-16 (-6,30%)

【ジャカルタ】石油ガス会社、PT Perdana Karya Persada Tbk (PKPK)は2021年12月現在、PT Royal Victoria Hotel (RVH)へのIDR 24.11 billionの長期債務を返済する為、IDR 16.30 billionで東カリマンタン州のサマリンダにおける土地・建物を売却した。

2022年4月4日(月)に引用された情報開示において、PT Perdana Karya Persada Tbk (PKPK)の会社秘書役、Ferry Bastian氏が売却されたその財産はサマリンダのスンガイ・ピナン・ダラムにおける9,449平方メートルの土地・建物であると語った。「買い手、PT Royal Victoria Hotelは当社の関係会社ではありません。」とBastian氏は述べた。

その取引額は2021年12月現在、PKPKのIDR 40.01 billionの全持分の26.18%又はIDR 10.47 billionを記録された額より高かった、その財産売却によって、PKPKはIDR 5.82 billionを得て、その負債持分比率を削減した。

2021年12月現在、RVHの株主はPKPKにおける所有権をPT Deli Pratama Batubara (DPB)に移譲した後、PKPKは最早RVHとの関係を持っていない。2022年2月に、PKPKの株数は6億株に及んだ。その50.09%株はDPBが、その残り49.91%株は各5%未満の所有権を持っている公共投資家が所有された。 (NR/LK/ZH)