TOBA - PT. TBS Energi Utama Tbk

Rp 845

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】Luhut Pandjaitan氏の甥御さんが所有される採炭会社、PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)はPT Perusahaan Listrik Negara (PLN)から商業運転日(COD)を得た後、直に、蒸気発電所スルバグト−1を運営し始める。

TOBAの取締役、Alfin F. Sunanda氏がその発電所を運営する子会社、PT Gorontalo Listrik Perdana (GLP)は2022年4月13日に商業運転日(COD)を得たと語った。「PLNの書簡によれば、その商業運転日は2021年12月31日に予定されます。」とSunanda氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示に述べた。

idnfinancials.comのデータによると、蒸気発電所スルバグト−1はゴロンタロのトミリトリージェンシーにある。それは100メガワット容量を持っている。そして、年毎に650,000トンの石炭を使用すると推定される。

情報上、GLPはTOBA、PT Toba Sejahatera、Shanghai Electric Power Constructionが設立された共同企業体である。GLPにおけるTOBAの所有権は60%である。

GLPは2017年に蒸気発電所スルバグト−1の建設の為、PT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)からUSD 171.77 millionのローンファシリティーを得た。そのローンファシリティーは12年間テナーを持っている定期ローンである。 (NR/KR/ZH)