【ジャカルタ】中央統計局(BPS)はUSD 48.90 billionを記録された2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にUSD 66.14 billion、35.35%伸びた輸出額を記録した。それは製造業が支援された。

中央統計局(BPS)所長、Margo Yuwono氏が製造業セクターは2022年1月〜3月、最大に貢献したと語った。それは輸出全額の76.37%を貢献した。

Yuwono氏によると、製造業の輸出額は2022年第1四半期にUSD 50.52 billionを記録され、USD 38.95 billionの2021年第1四半期に比べ、29.68%伸びたそうである。輸出額の他最大の貢献者はUSD 11.17 billion、輸出全額の16.90%を貢献した鉱業であった。「そのセクターは前年比、78.65%伸びました。」とYuwono氏は2022年4月18日(月)に2020年3月輸出業績の公暴露で述べた。

一方、石油ガスセクターは2022年第1四半期にUSD 3.30 billion、輸出全額の4.99%のみを貢献した。しかし、それはUSD 2.65 billionを記録された2021年第1四半期に比べ、24.46%伸びた。 (NR/AM/ZH)