ACST - PT. Acset Indonusa Tbk

Rp 187

-10 (-5,35%)

【ジャカルタ】PT Acset Indonusa Tbk (ACST)は2022年第1四半期にIDR 290.11 billionの収入を記録し、IDR 381.05 billionの2021年第1四半期に比べ、23.9%減少した。IDR 22.07 billionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にIDR 3.63 billion、83.5%低下した金融費を記録した。そして、その純損失はIDR 79.68 billionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にIDR 25.02 billion、68.6%減少した。

現在開発中の案件の完了時間を、参加された入れ札を遅延させたパンデミックは未だ、2022年第1四半期に当社の業績に影響を与えた要因であった。しかし、当社は将来的に、建設産業が回復するにつれて、前を進む準備が出来るよう、当社の根本的を強化する為、内部改善努力に注力し続ける。塊状で持続可能的に行われるオペレーショナル・エクセレンスは数期間前以降、下がったコストや金融費を反映される。

2022年第1四半期まで、当社は土台とインフラプロジェクトを含み、IDR 82.33 billionの新規契約を得た。その土台プロジェクトはベントナイトセメントバタン–土壌改良・KCCフロートグラスキットバタンの土台作業であり、全ての土台プロジェクトはACSETの子会社、PT Acset Pondasi Indonusaが行われる。インフラセクターにおいて、ACSETはチカンデ・タンゲラン–メラク有料道路インターチェンジのプロジェクトを得た。

2022年第1四半期に、各事業の収入源の貢献に基付き、40.1%を貢献したインフラセクター、47.6%を貢献した建設セクター、12.3%を貢献した土台セクターが支配された。 (NR/LM)