【チカラン】Politeknik Astraは屋上で実行された太陽光発電所(太陽光力発電-PV)の建設を完了した。その建設完了は2022年4月27日にチカランのアストラ・デルタ・シリコン・ポリテクニック大学でハイブリッド的に行われた最終の太陽光力発電-PVパネル装置に関する儀式を通じて、行われた。

太陽光力発電-PVの建設プロジェクトの工事は2022年2月22日に開始され、PT EPNや講師やPoliteknik Astraの生産ツーリング機器製造(「P4」)、生産技術・製造プロセス(「TPM」)、建築技術(「TKBG」)の卒業証書3学科プログラムの大学生と連携した。太陽光力発電-PVは主要な大学と寮の建物の屋上に実行された。3,300立方メートルの実行面積と832パネル装置はほぼ0.5メガワット-ピーク又は449キロワット-ピークの電力エネルギーを生み出す潜在的を持っている。

「PT EPNは太陽光力発電-PVの開発と実行の連携相手としてEPNとの連携に関してPoliteknik Astraに感謝します。2022年中、EPNは幾つかのアストラグループ会社の太陽光力発電-PVの建設プロジェクトを行っております。その全容量は約15メガワット-ピークを生み出す潜在的を持っております。」とEPNの取締役社長、Chinthya Theresa氏は述べた。

Chinthya氏によると、PT EPNは太陽光力発電-PV以外、様々な新・再生可能エネルギーを開発し続け、2060年にゼロ炭素目標を支援する為、ミニ水力発電所や風車力発電所などをも開発していくそうである。この展開においては、再生可能エネルギーに関する研究開発技術においてアストラ・ポリテクニックと連携する。

アストラ・ポリテクニック大学ビルの屋上太陽光力発電-PV建設を完了した後、活性化プロセスや関連認可証契約の手続きを行う。「活性化プロセスや操作に値する証明書の手続きをするにつれて、Politeknik Astraの太陽光力発電所の技術開発チームは現在、Politeknik Astra大学の太陽光力発電-PVが生み出された新・再生可能エネルギーの使用を支援するプロトタイプを作ることが出来る適用研究を行っております。」とPoliteknik Astraの製品開発・技術応用所長、Harki Apriyanto氏は述べた。 (NR/LM)