KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 1.400

0 (0%)

【ジャカルタ】国有製薬会社、PT Kimia Farma Tbk (KAEF)は2022年7月に完了される予定である株主割当発行を通じて、新たな戦略的投資家を歓迎する準備が出来ている。その株主割当発行を通じて、IDR 4.5 trillionを目指す。

PT Kimia Farma Tbk (KAEF)の金融リスク管理担当重役、Lina Sari氏が新株引受権又は株主割当発行を通じて、資本を増やすその計画は未だ、目標通りであり、2022年第2四半期に行われる予定であると発表した。「その手続きは現在、最終的な拘束力のあるオファー段階に入り、未だ、予定通りに進んでおります。」とSari氏は2022年5月11日(水)に公暴露を通じて、述べた。

Sari氏が新株主としてKAEFに入るその新たな戦略投資家についてをも語った。「当社の目標は7月に、我々はKimia Farmaに戦略投資家の固定名を既に貰いました。」とSari氏は付け加えた。Sari氏はこの新たな戦略投資家の面前によって、KAEFの業績を向上出来るよう、期待する。

一方、その株主割当発行の収益は展開ニーズを満たし、KAEFが所有される長期ローンの一部を削減する為、使途される。「当社の目標は約IDR 4.5 trillionに設定され、Kimia Farmaグループの事業を展開し、債務借り換えの為、割当てられます。」とSari氏は述べた。 (NR/AM/ZH)