KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 1.390

-10 (-0,72%)

【ジャカルタ】国有製薬会社、PT Kimia Farma Tbk (KAEF)は2021年にIDR 12.85 trillion、28.49%伸びた売上高を記録した後、2022年に11%伸びる収入を目指す。

PT Kimia Farma Tbk (KAEF)の生産・供給チェーン担当重役、Andi Prazos氏が経営陣は2022年に11%伸びる収入を目指すと語った。2021年末まで、その純売上はIDR 12.85 trillionを記録された事によって、当社は2022年に約IDR 14.26 trillionに及ぶ売上高を目指す。一方、その純利益は2021年にIDR 302.27 billionを記録され、IDR 17.63 billionの2020年に比べ、16.13倍増加した。

Prazos氏によると、パンデミックが減るにつれて、市場が吸収された製品の推移があるそうである。Prazos氏が2022年に産業の業績は向上すると予測する。「Kimia Farmaは革新を見込む為、製品をも変更します。」とPrazos氏は2022年5月11日(水)の公暴露を通じて、述べた。

PT Kimia Farma Tbk (KAEF)の金融リスク管理担当重役、Lina Sari氏が旅行用スワブ検査とPCR検査の前提条件施策の消去は2022年3月現在の当社の財務業績に影響を与えると述べた。 (NR/AM/ZH)